C#へのvbマイグレーション

VisualBasicはマイクロソフト社の開発言語であり、特にWindowsXP世代でよく利用されてきた開発言語です。

VBはランタイムと呼ばれる動作アプリケーションの上で動作しますので単独アプリとは違い、ランタイムがサポート終了となれば利用を控えたいアプリケーションとなります。


しかし、企業内で利用されている場合にはXPの更新と一緒に更新し、利用を続けたいと考える企業が多いです。そこで注目されているのがvbマイグレーションサービスです。vbマイグレーションはVisualBasicで書かれたアプリケーションを最新のVBへの書き換えとするか、他の言語で新たに構築し直す作業を行います。



特に注目されているのがVBからC#と呼ばれるマイクロソフト社開発言語へのvbマイグレーションです。
C#はMS社の主力の開発言語の一つであり、今後も利用でき、また、アプリケーションの動作速度も改善でき、ランタイムは必要ありません。

お手軽なvb マイグレーションの情報がわかりやすく紹介されています。

vbマイグレーションを行う企業の多くが次のOSのサポート終了後も継続利用できるアプリケーションの開発を希望しておりC#が注目されています。
vbマイグレーションでC#への変換は比較的楽に行える開発ツールが出ています。サポート企業の中には独自ツールでコンバート作業を早く行う企業も多く、ノウハウを持っている企業が増えています。

気軽にOKWaveの検索がとっても楽になりました。

また、古い設計から新しい設計への変換も同時に行えるので効率よく変換作業が行えます。

Copyright (C) 2015 C#へのvbマイグレーション All Rights Reserved.